ひまわり整骨院マガジン

  1. なぜ産後ケアが必要なのでしょう?
なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

産後ケア(楽トレ&骨盤調整)2016. 12. 23

なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

豊明市、ひまわり整骨院の産後ケアサポートプラン



ひまわり整骨院では、産後1年以内の方に産後のケアサポートプランをご用意しています。

骨盤が緩んでいるこの時期に、正しいケアを行うことで、これからの人生をキレイに快適に過ごすことができます。

産後ケアサポートプランでは、産後のママにもっともっとキレイになってもらう為のプログラムが組まれています。

それに、
産後の腰痛や股関節痛など産後の様々なつらい症状にも効果的です。

産後で崩れてしまったスタイルを美しくしたい方や出産前のスタイルに戻したい方、デニムのズボンをはきたいという方にもおすすめしています。
産後ケアサポートプランでキラキラ輝くママに変身しましょう!

産後1年以内の方のみ受けることができます

ひまわり整骨院の産後骨盤矯正をオススメする理由


ひまわり整骨院の産後ケアサポートプラン特徴

国家資格保持者
ひまわり施術スタッフは、全員、柔道整復師などの国家資格を所持しております。

身体に関しての専門知識をもった施術者が施術することで、安心して施術を受けることができます。
施術時間は30分

30分の時間をかけて、丁寧に、またしっかりと施術していきます。

電気治療などを含めた施術時間は、1時間を越えることがあります。
また、初回は身体の状態を把握し、説明を行う時間を頂きたいので、時間に余裕を持ってご来院下さい。

自律神経を整える効果あり
産後は疲労感や手足のしびれ、めまいや動悸など、自律神経の乱れを感じる方がいらっしゃいます。
赤ちゃんが夜中に起きるため、睡眠の質も悪く、ずっと寝不足状態が続き、しんどい思いをされている方も多くいらっしゃいます。

ひまわり整骨院では、産後骨盤調整施術の実績が豊富です。

毎日、産後の骨盤矯正や腰痛の改善、産後のケアを行い、ご来院頂いております。
様々な症例を扱ってきている経験があるので、安心して施術を受けてください!

3回で効果実感
ひまわり整骨院の産後ケアトータルプランは、3回の施術で効果があらわれます。
ぐっすり眠れるようになったり、スタイルがよくなったり、骨盤のズレが治った事を感じたり、施術の効果を納得して頂けます。
もちろん良くなった後も定期的に通っていただくとメンテナンスになり、身体にいい状態が維持でき、より効果的です。
お子様連れでも安心


ひまわり整骨院には、キッズスペースを設けています。
お子様とご一緒に施術ができるので、お母様もお子様も安心して治療に専念できます。
保育士免許、幼稚園教諭免許を持ったスタッフがおりますのでお子様をキッズスペースで見ていただくことも可能です。


..
骨盤の歪みとは?

..

....
骨盤の歪みの主な原因は、筋バランスがくずれることです。

荷物を同じ側の肩にかけて持ったり、座っているときに無意識に足を組んだり、スマホの使いすぎで同じ姿勢をとっていたり・・といった動作を行ってはいませんか?
こういう姿勢を持続していると、姿勢が傾いた状態が起こり、骨盤周りの筋肉の強さに左右差が生じてしまいます。
無意識に骨盤を傾けるような姿勢を取り続けていても、筋バランスは乱れます。
この場合、下腹の筋肉も緩んでしまうので、骨盤と下腹のどちらにも害が生じてしまいます。

..

..
骨盤を立てた正しい姿勢を保つすることは、難しいことです。
それは、骨盤が正しい位置になくても普段の生活には何も問題がおこらないからです。
何も気にせず生活を続けていると、骨盤の歪みが進行し、やがて矯正ができない状態になってしまうのです。
普段から、坐骨をしっかり立てて座る姿勢を気にすることから始めましょう。
その正しい姿勢が意識しなくても保つことができれば歪みを防止できます。

例えば左側の中腎筋が硬く縮こまっていると、骨盤が右斜め上に引っ張られます。
さらに左側の内転筋が弱いと、骨盤を引き戻すことができずに歪んでしまいます。

..

..

例 骨盤ゆがみイラスト
例えば左側の中腎筋が硬く縮こまっていると、骨盤が右斜め上に引っ張られます。
さらに左側の内転筋が弱いと、骨盤を引き戻すことができずに歪んでします。

中腎筋
筋肉の上部がちらっと表に出ているだけで、下部のほとんどは大腿筋の下にある。
太ももを外側に開くときに働く、骨盤の安定に関わる筋肉。
内転筋
打ち腿を大きく覆っている筋肉。
この筋肉が弱いと膝が開いてO脚姿勢になりがち。
そもそも骨盤が歪むってどういうことなのでしょうか。

骨盤が前後左右、均等になっている人はまずいません。
左右の高さがちがったり、前後の位置がずれていたりと、実は骨盤がずれていて当たり前なのです。
歪み方も、もともと骨格がずれていたり、生活習慣やクセなどで、人それぞれです。
骨盤は、中央の仙骨の左右に2つの寛骨がくっついている構造です。
「骨盤の歪みは、仙骨と腸骨のジョイント部分、関節がずれることが原因」という考え方がありますが、自分でその微妙なずれを矯正することはまず不可能です。

歪みの主な原因は筋肉です。
ただ立っているだけでも、身体を保つために多くの筋肉が働いています。
たくさんある体の筋肉のうち、特定の筋肉が弱かったり硬かったりすることで、骨盤はゆがんでしまいます。
筋肉のバランスを整えることで骨盤が正しい位置にとどまるのです。

女性の骨盤と男性の骨盤、カタチが違うって本当?

男性骨盤イラスト女性骨盤イラスト

1、腸骨、2、仙骨、3、尾骨、4、坐骨

上のイラストで骨盤の形状を比較してみてください。
男性の仙骨の形状は、全体的に縦長、横幅も広いです。
女性の骨盤は仙骨が短くて横に広がり、腸骨も左右に大きく張り出しています。
女性の骨盤は出産を行うことに特化した形になっています。
女性は男性に比べて筋肉の不足しているうえに、腸骨の左右の縁の距離の長い骨盤が、コンパクトにまとまった男性の骨盤より歪みやすいのは仕方がないといえます。

妊婦さんが産後に骨盤の不調を訴える理由

通常の女性の骨盤では、上が広くて下が狭いチューリップのような形をしているため、そのままでは赤ちゃんが通過できません。
そのため、妊娠初期の段階からあるホルモンが分泌され始めます。
このホルモンは「リラキシン」という名前で、妊娠初期から出産後少しの期間にわたって分泌され続けます。
何のために分泌されるかというと、赤ちゃんが母親の骨盤を通過することができるように骨盤の結合をゆるめるのです。
それだけではなく、関節などをゆるめる働きもあります。
骨盤が開くことによって出産をスムーズに行なうことができるわけですが、だからといって出産と共に骨盤が再び元の状態に戻るわけではありません。
ゆるめる働きをするリラキシンが引き続き分泌される期間が続くため、骨盤の結合はゆるんだままになります。

そんなときに、退院して少しでも早く日常の生活に戻ろうとして無理をすると、そのはずみで骨盤や腰が歪んでしまいます。
なぜならゆるくなっているからです。
とくに出産前にはひどい腰痛や足のしびれなどを経験していなかった方が、出産を機に症状を経験する場合は、骨盤のゆるみが影響している可能性を疑うべきです。
多くの場合、「自分は出産を経験したから骨盤が歪んだ」と考えられがちですが、より正確に言うなら骨盤がゆるむことによって影響をうけたからです。

RECOMMENDおすすめ記事

記事一覧を見る

RANKINGランキング

  1. 1正しい姿勢=美しい姿勢=健康的な姿勢

    ひまわり整骨院一押し!

    正しい姿勢=美しい姿勢=健康的な姿勢

  2. 2なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

    産後ケア(楽トレ&骨盤調整)

    なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

  3. 3寝たまま腹筋9000回⁈

    産後ケア(楽トレ&骨盤調整)

    寝たまま腹筋9000回⁈

記事一覧を見る

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

診療時間
9:00 - 12:00 × ×
14:00 - 19:00 × ×

※ △は診療時間が9:00〜17:00となります。

0562-38-7915平日 : 午前9時~12時 午後14時~19時
土曜 : 午前9時~午後17時 水、日、祝日休

メールでのお問い合わせ

© ひまわり整骨院・はり灸院 All Rights Reserved.