ひまわり整骨院マガジン

  1. 筋トレor有酸素運動 どっちを先にやるといい?
筋トレor有酸素運動 どっちを先にやるといい?

スポーツ・運動2019. 04. 11

筋トレor有酸素運動 どっちを先にやるといい?



筋肉量も増やしたいし、脂肪も落としたい…そんなとき、筋トレと有酸素運動はどのように組み合わせるといいのでしょうか?

脂肪燃焼には「筋トレ→有酸素運動」



筋肉量は落とさず脂肪量を落としたいときは「筋トレ→有酸素運動」の順番がおすすめです。
筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝が高まり、運動しいないときにも脂肪分解を高める効果が期待できます。このとき、有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪燃焼効率の促進につながるからです。

筋肉と運動について、少し詳しくご説明していきますね。

◎筋肉とは…



* 筋肉は身体を動かすエンジン
* 姿勢を維持する
* 熱を発生させる役割
* 身体を守る役割内分泌器官としての役割

体にとって大きな役割を果たしている筋肉には2種類あります。
・体を動かしたり歩いたりという、普段の生活で多く活躍する「遅筋」
・重たいものを持つ時や転びそうな時、手足でバランスを整える際に活躍する「速筋」
これらは鍛え方も異なります。

◎筋トレって?



骨格筋の出力・持久力の維持向上や筋肥大を目的とした運動の総称になります。
「速筋」が鍛えられます。


◎有酸素運動って?



十分な呼吸を確保しながらできる運動のことです。
継続的に組織や細胞に酸素を供給することにより脂肪燃焼効果を上げる全身運動です。
中軽度の歩行、ジョギングや水泳などが代表的な運動で 20 分程度続けて行うことにより、脂肪が燃焼し始めます。
「遅筋」が鍛えられます。


◎有酸素運動を行うタイミング



筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは成人の場合、筋肉や骨・皮膚を強くする作用があります。
この成長ホルモンが大量に分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中に放出された遊離脂肪酸を燃焼します。
つまり、成長ホルモンが十分に分泌された状態で有酸素運動を行うことは、脂肪燃焼を狙うときにとても効果的なタイミングといえるのです!!


◎有酸素運動のあとに筋トレをしたとき



では、有酸素運動を先にしてしまうとどうなるでしょうか?
筋温を上げ、ウォーミングアップの要素で行う軽めの有酸素運動であれば影響はありませんが、息が上がるほどの長時間の有酸素運動はおすすめできません。
なぜなら、瞬発的なトレーニングに対応できる筋肉のエネルギーが不足している状態では、適切な負荷がかけられなくなる可能性があるからです。
十分な負荷がない状態での筋トレは筋肉への刺激も少なくなるため、筋肉をつける目的にもいい影響を与えるものではありません。


◎具体的な組み合わせ方



まず、筋力トレーニングを適切な負荷をかけながら行い、その後有酸素性の運動(例:軽めのウォーキング、水泳、エアロバイク等)をおこなっていきます。

このとき、息が上がるほど強度を上げてしまうと、かえって無酸素状態となり脂肪が燃えにくくなる可能性があります。
脂肪は「ややきつい」と感じる中強度の運動において燃焼率が高まります。
10分ほど続けていると汗ばむほどの強度であることが目安です。


◎減量をしたいときは有酸素運動を多めに



減量をしたい人の場合では有酸素運動をメインにするのがおすすめです。
短時間で終えられてしまう筋力トレーニングは減量に必要なエネルギーを消費しにくいです。筋力トレーニングをしながらも有酸素運動を中心に行い、減量に相当するエネルギー消費量を確保することが必要です。


効率よく組み合わせる事で、かなり効果は変わってきます!
トレーニングを続けていてもなかなか結果が出にくかった方も、一度お家でのトレーニングでも順序を意識して取り組んでみてはいかがでしょうか?

RECOMMENDおすすめ記事

記事一覧を見る

RANKINGランキング

  1. 1正しい姿勢=美しい姿勢=健康的な姿勢

    ひまわり整骨院一押し!

    正しい姿勢=美しい姿勢=健康的な姿勢

  2. 2なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

    産後ケア(楽トレ&骨盤調整)

    なぜ産後ケアが必要なのでしょう?

  3. 3寝たまま腹筋9000回⁈

    産後ケア(楽トレ&骨盤調整)

    寝たまま腹筋9000回⁈

記事一覧を見る

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

診療時間
9:00 - 12:00 × ×
14:00 - 19:00 × ×

※ △は診療時間が9:00〜17:00となります。

0562-38-7915平日 : 午前9時~12時 午後14時~19時
土曜 : 午前9時~午後17時 水、日、祝日休

メールでのお問い合わせ

© ひまわり整骨院・はり灸院 All Rights Reserved.